ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その4


順子は
午後の仕事は
相当手慣れて
仕事が滞ることなく
うまくできました。

少し仕事に余裕ができたので
このかわり方を
仕事をしながら
考えました。

「お手洗いに行ったとき
自分の顔を
見たら
若返っていたわ。

映画で見る
タイムスリップとは違うわよね。
私も若返っているんだし、、

でも亡くなったはずの
冴子もいるのよ。

ひょっとして
冴子がまだ生きていた
時代になったのかも知れないわ。

今はいつなんだろ-。」
と考えながら
周りを見ました。

日付が入った要領指図書を
読んでみると
1979年5月23日と書いてありました。

「えー
1979年なの
30年前じゃないの
私は
27歳なの
若いよねー

若くなるのはいいけど
若くなると言うことは
また試練の人生を歩まなければならないのー
そんなことないよね
やっぱりまた同じ人生を歩むのかしら
そんなことないよね。」

などと
あーだとか
こーだとか
考えながら
午後の仕事が終わる終業のベルが鳴りました。