ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

te

キャッチコピー。

お客さんの関心事を、ズバリ指摘します。 関心事とは、対象ユーザーが抱える、悩みや課題です。 このパートは、メインコピー(1行)とサブコピー(2行)、写真の3つの部分で構成されます。

狭い暗い低い上りにくいロフトはいやだとお考えの方へ その常識 まちがっています! 広くて明るく高い上りやすいロフト付あります

共感部。 なぜ多くの人が関心を持つのか? お客さんの気持ちに寄り添いながら、言葉で解きほぐします。 お客さんの気持ちを代弁し、「そうそう、そうなのよ」と思ってもらうように書きます。 商品の特性によって、長め(5行~7行)に作るときもあれば、短く(1行)済ませる場合もあります。これはケースバイケースの判断です。

ロフトいいですよね子供のころ憧れませんでしたか

隠れ家的雰囲気秘密基地のようなロフトあったらいいですよね。 誰からも邪魔されない空間を手に入れませんか。 片付けなくてもいい空間 出しっぱなしでもいい空間

寝室見られたくないですよね

ワンルームで来客に寝室を見せないことは少し無理があります。 しかしロフトのお部屋なら簡単にそれは出来ます。

お部屋ではくつろぎたいですよね

散らかっているお部屋では心は休まりません。 やはり非日常的な雰囲気のお部屋で 壁には好きなポスターが飾ってあって、、、 そんなお部屋にロフト付ならできます。

商品(オファー)の提示。

ページで購入してほしい商品や、請求してほしいオファーを説明します。商品(オファー)の写真を使い、どんな商品(オファー)なのか、イメージしやすいように作ります。※ これ以降の「商品」は、商品またはオファーを意味します。ランディングページは、商品販売の場合と、オファー請求の場合があります。両方を併記すると読みにくいので、商品で統一するとご理解ください。

ベネフィット。

商品を購入した後、お客さんにどんな良いことがあるのか、分かりやすく説明します。お客さんは商品を求めていません。 商品を購入することによって、自分が今より、良い状態になることを、求めています。 その良い状態を、丁寧に説明します。 ※ この良い状態のことを、ベネフィットと言います。ベネフィットは、商品説明と違います。 よく分からない方は、「ベネフィットとは何か?」を読んでください。分かりやすく説明しています。

小社のロフトに住めば

お客様の声。

商品の購入で、良い状態に変わると説明されても、お客さんは「本当に良い状態に変わるだろうか?」と、心配になります。 その心配が杞憂に過ぎないことを、事実をもって説明します。 分かりやすく説明するため、お客様の声としましたが、必ずしもお客様の声だけではありません。 商品の実証データや使用実績、さらにはマスコミ紹介なども、このパートで使います。

差別化。

商品が、競合品とは違うことを説明します。 競合との違いが分からなければ、お客さんは低価格な競合に流れます。 商品の独自性、競合優位のポイントを説明します。

アクション(求める行動)。

商品の購入なら、お申込みフォームとボタンです。電話問合せを求めるなら、電話番号を目立つように書きます。

キャッチコピー。

お客さんの関心事を、ズバリ指摘します。 関心事とは、対象ユーザーが抱える、悩みや課題です。 このパートは、メインコピー(1行)とサブコピー(2行)、写真の3つの部分で構成されます。

好きなとき好きな場所で大きな音が出せたら幸せと考える方

ご自分のお部屋で深夜でも楽器が練習できる防音室あります。

共感部。 なぜ多くの人が関心を持つのか? お客さんの気持ちに寄り添いながら、言葉で解きほぐします。 お客さんの気持ちを代弁し、「そうそう、そうなのよ」と思ってもらうように書きます。 商品の特性によって、長め(5行~7行)に作るときもあれば、短く(1行)済ませる場合もあります。これはケースバイケースの判断です。

あなたはいつ楽器を練習しますか。 昼間は仕事だし練習できるのは 夜間しかないのではないでしょうか 仕事から帰ってきてお風呂に入って夕食で腹ごしらえをしてから 楽器の練習を思いっきりしてみたいですよね。

だからといって そんな夜更けから スタジオに行くのは 疲れてしまいます。

おうちに 防音室があれば 最高ですよね。

その願いが 叶います。

商品(オファー)の提示。

ページで購入してほしい商品や、請求してほしいオファーを説明します。商品(オファー)の写真を使い、どんな商品(オファー)なのか、イメージしやすいように作ります。※ これ以降の「商品」は、商品またはオファーを意味します。ランディングページは、商品販売の場合と、オファー請求の場合があります。両方を併記すると読みにくいので、商品で統一するとご理解ください。

ベネフィット。

商品を購入した後、お客さんにどんな良いことがあるのか、分かりやすく説明します。お客さんは商品を求めていません。 商品を購入することによって、自分が今より、良い状態になることを、求めています。 その良い状態を、丁寧に説明します。 ※ この良い状態のことを、ベネフィットと言います。ベネフィットは、商品説明と違います。 よく分からない方は、「ベネフィットとは何か?」を読んでください。分かりやすく説明しています。

小社のロフトに住めば

お客様の声。

商品の購入で、良い状態に変わると説明されても、お客さんは「本当に良い状態に変わるだろうか?」と、心配になります。 その心配が杞憂に過ぎないことを、事実をもって説明します。 分かりやすく説明するため、お客様の声としましたが、必ずしもお客様の声だけではありません。 商品の実証データや使用実績、さらにはマスコミ紹介なども、このパートで使います。

差別化。

商品が、競合品とは違うことを説明します。 競合との違いが分からなければ、お客さんは低価格な競合に流れます。 商品の独自性、競合優位のポイントを説明します。

アクション(求める行動)。

商品の購入なら、お申込みフォームとボタンです。電話問合せを求めるなら、電話番号を目立つように書きます。