ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その9

順子にとっては
みんな新鮮な
工場でした。

そんな新鮮な日々も
段々と過ぎていき
友達の
冴子が
事故に会う8月5日が近づいてきました。

順子は
何としても
冴子がまたあんな目に遭うことを
阻止しなければならないと
考えたのです。

順子は
まずあの時間に
冴子を交差点に
いないと
事故に遭わないと考えました。

しかしひょっとして
時間が違っても
事故に遭うかも知れないと考えました。
事故に遭うことが
運命になっていたら
時間ぐらい変えても
変わらないかも知れないと考えました。

やっぱり
8月5日は
会社を休んで
別のところに行った方が良いのかもしれないと
考えました。

それで
泊まりがけで
どこか行けばいいのではないかと
結論に達しました。

順子は
冴子に
今度の
8月の5日に
旅行に行かないと
言ってみました。

そんなに
突然の
順子の言葉に
冴子は
びっくりしました。

冴子:
エー突然ね
どこ行くの

順子:
えーっと
えっーっと
そうね
有馬温泉なんかどうかな

行き先まで考えていなかったので
知ってるところを
言ってみただけでした。