ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

「何があったの?」

いろんな場面で
原因究明は
なされます。

しかし
すべての原因が
白日の下にあるとは
限りません。

聞き手はもちろん
答え手も
原因がわからないことの方が
多いのではないでしょうか。

そんな時に
「なぜそんな風になったの?」と
聞いても
的確に答えられず
話は
堂々巡りになって
結局
わからず仕舞いと言うことになります。

そんな時に
「なぜ?」と聞くより
「何があったの?」と
聞くべきだと言う説があるそうです。

「何があったの?」は
おこったことの事実を聞く質問ですから
答えやすいことは
容易にわかります。

その事実から
類推して
「なぜ?」の原因を
探すことができるかもしれません。

これからは
「なぜ?」と聞かずに
「何があったの?」聞いてみてはいかがですか。

残念ながら
私は
そんな度量が大きくありませんので
実践できないと思います。