ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」あらすじ

ブログ小説の山場である
誤解についての詳しいことは全話をお読み下さい。

「ロフトで勉強しましょ」
前編
クリスマス編
完結編とのあらすじ


十詩子は
大家族で高校まで
豊岡に住んでいました。

家計を助けるために
大学進学を諦め
尼崎市の大手鉄鋼会社の工場に勤めはじめます。

同僚の敬子とともに
社命で大阪の経理学校の夜学で
簿記を勉強しました。

そこで
大学生の悟と出会います。

平素は控えめな十詩子ですが
この時だけ
十詩子の方から
きっかけを作って
悟と付き合うことになります。

ふたりは
一緒に勉強したり
悟の大学に行ったりして
清く正しい
デートをしていました。

悟の大学で
講義を受けて
大学にやっぱり行きたくなります。

課長にお願いすると
転勤のある
総合職に変わると
奨学金が出て
夜学に行けると
アドバイスを受けます。

あとのことも考えずに
総合職に変わって
悟と同じ大学を受験します。

試験には合格し
入学金は
悟や同僚・両親・家主それに
会社の奨学金で
まかなってもらいました。

十詩子は
仕事と勉強それに
悟を大事にして
がんばっていきます。

会社の仕事が
電算化される時流に乗って
十詩子の仕事は
段々と大きく
偉くなっていきます。

ひとつ上の
悟は
建築の勉強をするために
もう一度大学に行くことになります。

遅れて卒業した
十詩子は
総合職として
東京転勤を命じられ
悩みます。

ふたりは
永遠の愛を信じて
十詩子は
東京へ
悟は大阪の大学と
遠距離恋愛になってしまいます。

十詩子の仕事も
悟の勉強も
忙しいために
殆ど会われず
3年が過ぎます。

普通に考えると
些細な誤解が
二度起きて
ふたりは
愛しながら別れてしまいます。

十詩子は
会社で
徐々に重要な仕事をまかされ
昇進していきます。

悟は
大阪市の公務員になって
忙しく仕事をする毎日です。

ふたりは
相手のことを忘れることもなく
月日が経って
悟が58十詩子が57歳の時
再び出会って
誤解が解けます。

今度も
積極的に
十詩子が動いて
結婚を
する事になります。

そしてふたりは
十詩子の実家
豊岡へ
電車で向かいました。