ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

昭和30年代始めの頃 さくら荘 その25

昭和30年代始めの頃 さくら荘 その25

さくら荘は、たぶん昭和34年か
昭和35年頃建ったと思います。
当時の物が何か残っていたらと
倉庫を見てみましたら
偶然古いコンセントを発見しました。

昭和30年代に使われた物ではなく
たぶん昭和40年代初めの頃と思います。

表は、

こんなコンセントです。
丸い形が何とレトロな感じがします。

うらは、

こんな風になっていて
プラスチックで作られています。
昭和30年代ですと
これが陶器で作られているのです。
前に一度
見つけて
倉庫にしまっていたように思うのですが
見つかりません。
充電部(電機が通っている部分)が露出してますので
今では考えられない物です。


表には、
今は使っていない
ロゴが見えます。
この時代は、
東京○○電機と言ったように記憶しています。

コンセントを入れる
ボックスの大きさは、
今と変わりませんので
同じ大きさです。
この丸形の場合は、
2口までのコンセントしかありませんでした。
当時はお部屋に電化製品も
少なかったからよかったのでしょうね。

今はたこ足どころか
イカ足配線になっています。
もっと極端に
ムカデ足配線になっている場所も
ありますよね。

火災にはお気をつけ下さい。