ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

新幹線殺人事件なんか如何でしょうか?

テレビを見ていると
「新幹線の中に
散髪屋さんがあったら
良いよね」
とあるコメンテーターが
言っていました。

それを聞いた私は
構想1分で
2つの物語を考えてみました。

ひとつはサスペンスです。
「新幹線殺人事件」です。
もうひとつは
「もうひとつの恋」です。

私はテレビでは
サスペンスばかり見ていますので
愛娘は
「きっとサスペンスでしょう」
と言っていまいしたが
それはあまり
興がない。

それで書くのは
「もうひとつの恋」にして
せっかく筋書きを考えたので
「新幹線殺人事件」は筋書きだけ書きます。
もちろんフィックションです。

近未来のある時
新幹線の中に
散髪屋が出来ます。
なかなか便利なので
大繁盛して
少し大きくなって
5人の理髪師が忙しく
働いていたのです。

開業から一年後
新幹線が
線路に異物があって
児童で急停車します。
事故はなかったのですが
急停車した拍子に
ちょうど散髪していた
新幹線の会社の社長の首に
はさみが刺さって
出血死してしまいます。

その一部始終は
防犯カメラに撮られており
理髪師に特に不審な動きはなく
事故死と言うことになります。

しかしこの死に
不審に思ったのが
当の女性の理髪師でした。
「そんなにうまく
はさみを
首に回したときに
異常な事態が起こるはずがないと考えたのです。

女性理髪師は
男友達の
新幹線会社の技術者と
真実を知るために
調べ始めました。