ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

健康診断に南森町に行っていきました。その3

35年前のつまらぬ私的な思い出を
書いて申し訳ございません。

でもその後何もなかったのですが
その時私が
目薬を開けていたらどうだったのだろうと思いました。

きっと何もないのだろうと考える方が
適切かも知れません。

でも人生はやり直せませんし
一度だけなので
想像の域を出ません。


しかし
少し想像をたくましく考えて
小説を書いてみます。
主人公は
目薬を渡した
女性です。
目薬を渡す場面のみ
事実ですが
もちろん
他の部分は
フィックションです。

次回から
「ロフトでお勉強しましょ」を
不連続で連載します。