ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

誰でもわかる昭和30年代クイズ お風呂 その2

「昔はよかった」と
おっしゃる方は多いと思います。

ある面ではよかったかもしれません。

でもやっぱり私は現代の今が一番良いです。

昔は大変でしたから。

我が家では
昭和47年頃まで
家族が
お風呂に入っているとき
あることをしなければなりません。

たぶん
年代に違いがあるかもしれませんが
他の家でも
同じようなことをしていたと思います。
さて何をしたでしょう。
1.「湯かげんいかがですか」と必ず聞く
2.水を持って行く
3.背中を流す



























正解は
1.1.「湯かげんいかがですか」と必ず聞く
です。
昔のお風呂場は
狭くてその上
すきま風が入っていきます。
すぐにお湯は冷めて
冷たくなります。

風呂に入っていて
さめてしまうと
中から暖めることはできません。

必ずお風呂に
家族が入ると
少し経ってから
「湯かげんいかがですか」と必ず聞く
必要があります。

あるとき忘れていて
母親に
薄情な息子と言われたことがあります。

現代なら
風呂の中から
何とかできるのですが
当時はどうしようもできなかった時代です。

家族のありがたみがわかった良い時代と言えば
時代です。


みなさまは
ご経験がありますが