ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

クレセントを交換しました。

クレセントが古くなって
中のバネが
破損して
機能が低下しましたので
クレセントを交換することにしました。

新しいクレセント交換する時には
注意が必要です。

クレセントは
アルミサッシに裏当て金具で
取り付けてあります。

アルミサッシの
アルミ枠に直接付けると
強度が足りないためです。

裏当て金具は
アルミ枠に
固定されているタイプと
固定されていないタイプがあります。

外からは
それを見分けることは
出来ません。

もし固定されていないタイプなら
クレセントを全部取ってしまうと
裏当て金具が
落ちてしまって
新しいクレセントが再取付が
出来なくなります。

そこで
裏当て金具を
落とさないように
する必要があります。

詳しくは
クレセントの交換をご覧下さい。
クレセントの交換