ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「アスカルの恩返し」その45

f:id:asukarukun:20171231182614g:plain

ブログ小説「アスカルの恩返し」


「そうなのか」と
アスカルは
思いました。

誤解があったのです。

元飼い主も
そのように
思いました。

ふたりの誤解は解けて
涙が出ました。

アスカルは
機械ですから
もちろん
涙は
出ませんですが
感情は
そうです。

ふたりは
手を取り合って
心を
通じ合わせました。

アスカルは
犬の時は
お話ができなかったので
聞くことができなかったし
言うこともできませんでした。

でも
話ができたとしても
そんな話をしたかどうか
わかりません。

だって
話ができる
アンドロイドになっても
何年もかかったのだから
きっとそうだと思いました。

元飼い主も
そんな風に
考えていました。

もっと
アスカルと
話せばよかったと
思っていました。

アスカルの生まれ変わりの
ゆみちゃんを
前以上に
可愛がりました。

家族の一員にしたのです。


ブログ小説「アスカルの恩返し」は
終わります。
私の元にも
アスカルの生まれ変わりが
来てくられたら
いいのにと思いながら
書いてみました。

おこないの悪い
私には
ちょっと無理かも知れませんね。