ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの65歳の老人の日記です

好きな街と住みたい街は違いますよね

今週のお題「好きな街」

私は、兵庫県尼崎市瓦宮と言うところに
すんでおります。

江戸時代までの住所で言えば
摂津の国川辺郡瓦宮村
戦後まもなくまでの住所は
兵庫県川辺郡園田村大字瓦宮
です。

瓦宮村といわれていた頃は
日本中どこにでもある
寒村です。

ハッキリと言うと
貧しい村でした。

大地主さんもいない
小さな自作農と
小作農が暮らす村でした。

私が生まれたときには
水道もない
村だったんです。

66年の歳月が経過して
大阪近郊の市街地になってしまいました。

住めば都
私は今のこの地が好きです。

でも
住みたい街は
残念ですが
ここではありません。

やはり
東京が良いです。

東京がすみやすいかどうかはわかりませんが
東京はお商売をするには適地のように思います。

実際問題
私が日本中に売り込んでおります互い違い階段のご注文者は
東京が主です。

近ければ
配達しやすくて
地の利がよいの
東京で住んでいたらと
思ってしまいました。

 

皆様はどんな街に住んでみたいですか。

イミダペプチドの鶏の胸肉は美味しい

今週のお題「最近おいしかったもの」

鶏肉の胸肉は他の鶏肉より安価です。

鶏肉は他の肉類に比べても
比較的安価です。

 

即ち
鶏の胸肉は安価らしいのです。

価格は
需要と供給のバランスで
決まることが多いので
需要が少ないのかも知れません。

即ち
人気がないのかも知れません。

でも
私は大好きです。

美味しく頂かせてもらっています。

きっと死んだら
地獄で鶏につつかれそうです。

すみません。

ここ5年間は食べるものは毎食同じですので忘れることはありません。

今週のお題「最近おいしかったもの」

 

美味しいのは
ご飯です。

日本人でなくても
毎日食べていたら
ご飯は美味しいものです。

私の食べている
ご飯は
普通のご飯ではありません。

超偏食の
私は
野菜は食べません。

ここ何年も
野菜は食べていません。

栄養士さんもびっくりですよね。

と言うわけで
私は
ご飯を
難消化性デンプンにしてから
食べています。

どうするかというと
ご飯を炊いたら
器に入れて
冷凍します。

それから
3回電子レンジで温めては
冷凍するを繰り返すと
ご飯は
カチカチになってきて
消化しづらくなってきます。

これが美味しいのです。

皆様もやってみては

 

無理ですよね。

 

人間は死ぬまで自立することなどできないのでは?

自立ってなんだろう?

自立とは

《名・ス自》自分以外のものの助けなしで、または支配を受けずに、自分の力で物事をやって行くこと。 「―心が強い 

 とするなら
すべての人間には自立はまったく無理です。

小さいと考えられる事柄でも
自分ひとりでは
できないことです。

もちろん例えば
朝ご飯を
自分で作って
ひとりで食べることが出来ると思います。

でもそのご飯は
その人だけの力で
作ったものでしょうか。

お米も
種から作ったとしても
農機具や
作り方など
すべてを作ったり
編み出したとしても
原材料の
種籾や農機具の材料まで
到底ひとりで
作れるものではありません。

人間は
死ぬまで
自立できません。

自分ひとりで
できると思っている人は
おそれおおいですが
「傲慢」としか
言いようがありません。

 

ごめんなさい

「傲慢」なんていう言葉を使ったことを
心底よりお詫び申し上げます。

 

私の自立は甚だ遅く60歳です

 

私の幸運は
生まれてきたときと
結婚の時に使ってしまったので
私は運が悪い。

物事は悪い方の結果となります。

だから
何ごとにも
悪い結果を想定して
行動しております。

でも
母が亡くなるまでは
母の言ったとおりしていれば
大きな問題はありませんでした。

7年前に
母親が亡くなると
私自身で物事を決める必要になりました。

60歳になって
自立せざるえなくなったのです。

私の自立は60歳です。

はなはだ
遅い自立ですよね。

死んでもいい時期なのに
しぶとく生きております。

すみません。

 

 

 

#わたしの自立

バナー
Sponsored by CHINTAI

 

手帳は持たない

今週のお題「わたしの手帳術」

 

私は世間の常識といろんな場合に違います。

 

手帳もそうです。

手帳など持ったこともないし
それで管理するほどの予定もありません。

だから手帳術はありません。

 

じゃどのように

予定を管理するかというと

記憶ですよね。

 

記憶力のない私には

難関です。

 

頑張ってみます。