ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの66歳の老人の日記です

青春に熱き血あれ!

今週のお題「部活」

もう青春からは
ほど遠い歳になってしまいました。

悩み、恋、進路、仕事、種々の雑多な
問題を
含んだ時代でした。

「青春に熱き血あれ」を
人生訓としていました。

40歳になったときに
「少年老い易く学成り難し」に
人生訓を変えました。

それまであった
種々の雑多な問題は
変化したように思います。

どう変わったかは
自分でもわかりませんが
変わりました。

 

既に老後だが,毎日毎日を挑戦的に生きてみたい!

今週のお題「理想の老後」

私は
67歳
充分に老後です。

高齢者なので
年金も頂いております。

本当は
仕事もせずに
残りの人生を
楽しむほうが
いいかもしれませんね。

でも
私は
別の道を選んでしまったのです。

たぶん
母の元に生まれたときから
私の老後は
決まっていたように
おもいます。

そこまで遡らなくても
例えば
ロフトの階段をはじめて作ったときまで
遡れば
今の仕事が
始まったことを
確認できます。

話変わって
歳をとると
年月の経過が
早くなると
普通は言われています。

一歳の時の一年を基準に考えると
10歳ならば10分の1
60歳なら60分の1に
感じるらしいのです。

常套句で
「時間経つのは早いですね」というのがありますが
大抵は
「そうですね」と
答えるのが普通です。

私は
そんな風には感じません。

一年長いと思います。

寒い冬も長いし
暑い夏も長い
やっと秋かという感じです。

毎日毎日
挑戦的で
生きてみたいです。

残された時間は
ほんのわずかです。

もう私には時間がありません。

夏は暑いので苦手、歳をとるともっと苦手

今週のお題「夏を振り返る」

 

夏は暑いですよね。

温暖化とか異常気象だとか言う以前に
夏は暑いですよね。

子供の時から
夏は苦手でした。

私は
夏のスポーツ
海水浴とか
プールは
行きません。

泳げないので
行っても
危ないだけです。

もうひとついうと
日焼けが凄いので
夏でも
長袖です。

暑いんです。

歳をとると
暑さは体に来るので
もっともっと苦手です。

なにかいい方法はないでしょうか。

ないよねー。

毎年思うのですが
段々と
歳をとるほど
夏がもっともっと
苦手になる様に
思うのですが
如何ですか。

互い違い階段の研究

今週のお題「わたしの自由研究」

youtu.be

 

太古の昔から
使われていた
互い違い階段ですが
現代では
忘れ去られた遺物です。

現代でも
使われたことがありましたが
誤った作り方のために
大きな偏見を生み出したのです。

「互い違い階段は、使いにくい」
という偏見です。

私はいろんな互い違い階段を
試作しました。

普通の階段で言う
「蹴上げ」「踏面」の違う
組み合わせを
10台以上作りました。

そして発見したのです。

「踏面27cm」「蹴上げ23から24cm」をです。

「発見」できたら
何でもない数値です。

普通の階段を
よくご存じの方なら
意外な数値かも知れません。

この値を利用して
いろんな形の
互い違い階段を作りました。

それからもっと
、、、、、、、、、、
(次回に続くかも)

最近の研究は、カカト落とし

今週のお題「わたしの自由研究」

老人になってしまった私ですが
健康のためには
死んでもいいと思っております。

(矛盾しますがあくまでも、心構えです)

健康のためには
運動が良いのはわかっていますが
なにぶん普段の仕事が
私から言えば重労働ですので
運動は苦手です。

そこで
簡単にできる運動としての
カカト落としです。

家出できて
時間もかからず
運動用具もいりません。

カカト落とし
それほど効果があるか
研究中です。

studio.youtube.com

カナダ藻も、CODの改善に繋がる

今週のお題「わたしの自由研究」

カナダ藻は
外来種
困った植物らしいのですが
今から20年ほど前には
私の家の隣の用水路に繁茂していました。

夏には白い花が咲いて
見た目は綺麗でした。

簡易測定用COD測定キットで
計ってみると
カナダ藻の生えているところと
生えていいないところでは
明らかにCODの改善が見られるのです。

CODとは
科学的酸素要求量と言って
汚れた水は
大きな値となります。

そんな研究を
息子の
小学校の自由研究で
出したのですが
ただそれだけでした。

翌年
水路は、3面舗装されて仕舞いました。

カナダ藻もなくなり
タニシばかり目立つ水路になってしまいました。

 

 

私が55年前の研究

今週のお題「わたしの自由研究」

私が
中学一年生だった
55年前の
夏休みの自由研究は
「街使われ方」で
宅地化が進むつつあった
私の生まれた街の研究でした。

その資料を
探し回ったのですが
見つかりません。

あったら
今との変化を
明らかにすることができるのに
残念です。

なにぶん
55年前の
出来事なので
たぶん無理です。

皆様も
自由研究をしたら
しっかり保存しておくのがいいですよ。

今なら
ウエブに仕舞っておくと
なくなることは少ないかも知れませんね。