ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの65歳の老人の日記です

「幸せは、平等でない」は真実!!!!!

昨日録画のテレビ番組を見ていました。

ハケンの占い師アタル です。

主人公アタルが
いろんな事を占うというか
忠告するのが
大筋になっています。

人よりも数段
有能で真面目なのに
幸せでないという女性に
言い放った言葉が
「幸せは、平等でない。
病気や災害で亡くなる方もいるんだから」というものです。

その言葉が
妙に心に刺さって
忘れられません。

私は幸せです。

やはり
幸せは,平等でないのでしょうね。

66歳になってしまい
ながく生きましたので
明日は不幸でも
許容しないといけないのでしょうね。

でも死ぬときは
死ぬような病気になるか
死ぬほどの事件事故自然災害に遭遇するか
あるいはまた
死ぬほどの大きな悩みのために自死するか
です。

それらをどうみても
痛そうで
つらそうです。

きっと不幸なんでしょうね。

私はそれを
乗り越えられるでしょうか。

 

雪とは縁遠い と言うか縁遠くて良かった

今週のお題「雪」

 

私が住む当地は
雪は希です。

雪が積もるのは
数年に一度か二度程度で
それも
すぐに融けます。

雪下ろしをする必要もありません。

スキーはできませんが
スポーツが苦手で
寒いのがなにより嫌いなので
雪は必要としません。

雪がなくて
良かったです。

雪だるまや
かまくらは、作ることができませんが
手が冷たくなるので
作りたくないです。

 

夏のかき氷で
良いです。

バレンタインはやっぱりチョコレート 私には関係ないけど

今週のお題「わたしとバレンタインデー」

f:id:asukarukun:20190214065733j:plain

イチゴ入りチョコレート

日本では神戸のモロゾフ
始めた習慣の
バレンタインデーにはチョコレートです。

私はまったく無縁ですが
特許調理器具を発明したことから
こんなものを
作るハメになりました。

一杯イチゴが入ったチョコレートは
柔らかいので
チョコレートカップ
入れました。

うまく切れませんでしたが

f:id:asukarukun:20190214071046j:plain

イチゴ入りチョコレートをチョコレートカップに入れて切ってみました。

外はパリ
中はとろり
イチゴの酸っぱさとツブツブ感がある
チョコレートです。

イチゴ入り生チョコ作ったら柔らかすぎた

今週のお題「わたしとバレンタインデー」

イチゴ入り生チョコ作ったら柔らかすぎた でも美味しいです。

イチゴ入り生チョコ作ったら柔らかすぎた

バレンタインデーですので、
チョコレートを加工してみました。

イチゴ入りです。

美味しいそうですが
柔らかすぎます。

 

残念ながらバレンタインデーは、無縁です。

今週のお題「わたしとバレンタインデー」

 

私が学生だった頃は
バレンタインデーなどというものは
なかった。

 

結婚してからも
チョコレートとは無縁でした。

私たちの夫婦は
お互いに
贈り物をしないことを
暗黙に了解していました。

会社には
勤めていなかったので
もらう機会はありませんでした。

娘からは
3回ほどもらったのが
記憶にある
バレンタインデーです。

 

今は
もらっても
チョコレートは
食べられないのでどうでもよくなっています。

そんな私ですが
イチゴ入りチョコレートケーキを
作る羽目になっています。

 

youtu.be

私は食べていませんので何とも言えませんが、女房の感想によるとイチゴの酸っぱさとツブツブを感じるしっとりしているのに、軽い食感だそうです。

 

食べてみたい方は、、、、、、、、
どうしましょうか。

節分は 冬と春を分ける日です。巻き寿司を食べて、豆まきをするだけで、幸せになるなら苦労しない!!!

今週のお題「わたしの節分」

 

節分は立春前の日
冬と春を分ける日です。

よく
立春とは名ばかりで寒い日が続いております。」という常套句がありますが、
立春は暖かくなり始める日で
暖かくなった日ではありません。

二十四節季の大寒立春の間を冬の土用と言って
最も冬らしい季節(即ち一番寒い日なんです)です。

そんな日が
暖かいわけがありません。

即ち
立春は寒い日なんです。

今は寒い時期を冬と言っていますが
昔は
寒くなっていく日を冬といったようです。

 

それはさておき
節分は
昔は豆まきでした。

私も
子供の時には
やっていました。

新聞紙を
お部屋に敷いてから
豆をまいて
後から
拾って食べました。

現代は
海苔やさんの組合が
提唱した(そそのかしたと言った方が良いかもしれません)
丸かぶりですよね。

幸せになるかもしれないと
考えてやっているのでしょうか。

美味しいから
やっているなら
それは良いでしょうが
お寿司を食べて
幸せになるなら
苦労しません。

たぶんお寿司を食べて
起こる結果と言えば
美味しいと思うのと
持ち金が少し少なくなったことくらいでしょう。

 

何度も言いますが
そんな事で
幸せになるなら
苦労しません。

 

 

体調管理は,逃げるが勝ちと言ってましたが 私にはカカト落とし運動がある!!!

今週のお題「冬の体調管理」

 

インフルエンザに対抗する方法の
最強の方法は、
逃げるが勝ち
でしたが、
体調管理は
インフルエンザ対策ばかりではありません。

老齢の私ですから
糖尿病・高血圧・骨粗鬆症ロコモティブシンドローム等々
難関を
乗り越えなくては
日々過ごせません。

そこで
私は
カカト落とし運動を
しております。

健康番組で
ご存じだと思いますが
骨に衝撃を与えて
骨ホルモンを
出させて
健康になるというあれです。

私は
カカト落としくらいなら
できる体力はありますが
不精者の私ですので
続きません。

そこで
勝手に器械が
カカト落とし運動をする
カカト落とし器を
作ってみました。

youtu.be

ものぐさの私にはピッタリです。

ちなみに
私の特許です。

老人施設に無料で貸し出しします。

ご連絡くださいますようお願いします。

コメントからでも良いです。