ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

幸せの連鎖

窮すれば鈍す

困ったときは
困ったことが
起きるものであることは
よくあることです。

それとは反対に
幸せの連鎖は
あまり起きないことです。

生きているだけで
幸せだと考えると
それ以上のことをのぞむのは
不謹慎かもしれませんよね。

でも
でも
ながらく
私の不治の病が
治りました。

そこで
今日
東京の病院に
治癒の報告と
御礼に言ってきました。

そんな遠くまで
わざわざいくくらいですので
どれほど
幸運だったか
お察し下さい。

このことだけでも
充分に幸せなのに
新幹線で帰ってきて
新大阪から
東海道線に乗ったときのことです。

電車は混んでいて
私は
吊革につかまるために
席に前に
いきました。

席には
ちょっと
ミーハーの
男子高校生が
座っていました。

高校生は
私を
二度ほど見てから
立ち上がって
「席にどうぞ」と
言うのです。

辞退するのは
失礼なので
席に座りました。

ありがとうございました。


皆様の
ご厚意を
無にしないように
がんばります。

ありがとうございました。