ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

正月企画「もうひとつの冴子の人生 パート2」その23

それから仲良く
家まで帰りました。

翌日
ママに
聞いてみました。

ママは
「いいことじゃないの

川本さんは
優しくて
その上
あの人
お金持ちなのよ

市役所に長年勤めて
相当貯めているらしいわよ

やっぱり
老後のことを
考えると
ふたりの方が良いよ

あなただって
川本さんを
いい人だと思っているんでしょう

だから
あなたも
一緒に行ったんでしょう

亡くなった人のことを
忘れろとは言いません

忘れなくても
川本さんと
結婚はできると思いますよ

あなたが
忘れなかったら
きっと
亡くなった方は
あなたの中に住み続け
そしてあなたが
幸せになることを
願っていると思いますよ」
と言ってくれました。

それから
ズーと考えていました。

川本さんには
「考えています」と
答えていました。

年が明けても
考えていました。

そして
1月17日の前日
川本さんに
再度
明日のことを
聞かれました。

冴子は
答えなければならない時だと
思いました。