ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「ふたりで行くよ」その93

千香は
肩すかしを食って
少しだけ悩みました。

翌朝は
同じように正弥は振る舞いました。

何ごともなかったかのようです。

積極的な
千香は
聞いてみました。

正弥は
先輩の看護師に
訪問看護について
聞いていたと
簡単に答えました。

その答え方に
千香は
何か不審に
思いました。

女の勘
主婦の勘です。

千香は
不信のまなざしを
正弥に投げました。

正弥は
それが
すぐにわかりました

ウソは言っていないので
正弥は
胸を張って言ったはずなのに
なぜ疑われるのかと
思いました。

正弥は
千香が
内心を
読めるのかと
思ったのです。

でも
自分でも
内心がわからないのに
千香にわかるはずがないと
思ったのです。

でも
何年間も
最初にあった日からなら
何十年も経っているので
自分でもわからないことを
わかるのかとも思いました。