ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「妖精の休日」その23

建物が建てられるようになったといっても
お金の問題が
大きく残っています。

畑の一部を売って
そのお金で
建てることにしました。

土地を売るといっても
そう簡単ではありません。

不動産市場が
まだまだ
未発達でしたし
買い手も
あまりいなかったのです。

建築は
はじめましたが
買い手は
見つかりません。

弥生は
困り果てました。

当時は
住宅事情が
悪いので
アパートは
すぐに
借り手が付いて
家賃で返すことも
可能でした。

そこで
銀行に
お金を借りにいきました。

銀行が並んでいる
国道筋を
端の方から
1行ずつ
訪れて
頼んでいきました。

不動産の
担保もあるのですが
事業経験のない
弥生は
相手にされませんでした。

1日目は
ダメでした。

気を取り直して
2日目も
出掛けました。

もう夕方になって
シャッターの降りた銀行へ
最後のお願いでした。