ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

小説『冴子』震災部分その8

「勇治
今すぐ会いたい!」と
倫子は
叫びました。

遠くから
「必ず会えるから
もう少しがんばって
そこで暮らして

それが運命なんだ

僕たちの運命なんだ

倫子がそれを全うしないと
僕たちは
永遠に会えなくなってしまう

かならず
倫子の運命を
終えてから
こちらに来なさい

いつまでもここで
待っているから

倫子と
あんなことをした
後悔なんかしていないからね

さえこも
僕との
ことを
後悔しないなら
勇気を出して
生きていって

愛してる倫子」

聞こえました。


それから
何時間の暗闇があったでしょうか
ウトウトとしてしまい
明るい日差しで
目が覚めました。

倫子は
夢とは
思いませんでした。

時間からし
相当寝たように思いますが
あまり寝たような気がしません。

でも朝なので
リビングに行きました。

河本さんのお母さんが
朝の挨拶をして
話しになりました。

その中で
河本さんのお母さんも
夢の話しになりました。

そして
同じような
娘の夢を
見たというのです。

ふたりが
同じような
夢を見たと言うのです。

聞いた言葉は
本当だと思いました。


河本さんのお母さんと
倫子は
朝ご飯も作らず
そんな話をしました。

起きてきた
河本さんの家族も
その不思議な
「ゆめ」を
話しました。

みんなは納得するしかないと思いました。

もちろん
倫子も
現実を受け止めなければならないと
思いました。

あの燃えさかる炎の中に
勇治と
河本さんがいたのは
紛れもない事実です。

そして
店のあったところは
2日中燃えてしまいました。

ふたりは焼け死んだと考えざる得ないと
思ったのです。

そして
あの夢のような
出来事です。

勇治が
夢の中で言ったように
どのようなことがあっても
強く生きていこうと
決意しました。

そして
また
リュックサックを背負って
河本さんと
店のあったところに向かいました。

火はおさまって
国道から
自衛隊と警察と消防が
捜索を始めました。

捜索の担当者に
店のあったところに
ふたりがいると
何度も何度も
倫子は言いました。

奥の方は
まだまだ残り火があるので
そこまで入ることができないと
言われてしまいました。

倫子自身が入って
捜索したいと言いましたが
警察が規制線を張っていて
入ることができませんでした。

 

 

 


まだまだ
店の捜索は始まらないようなので
倫子は
アパートの自宅を
見に行くことにしました。

潰れて
何もくしゃくしゃになっていると
思っていました。

避難所の
小学校を横切り
これまた
小さな避難所になっている
老人憩いの家の角を曲がって
そーっと
見ました。

アパートは
潰れていませんでした。

倫子の目には
そう見えたのです。

倫子にとって
家が潰れるとは
もう入れないほど
潰れることで
壁に少しばかりのひびが入ったり
壁が落ちたり
屋根瓦が落ちたりする
のは
被害ではありません。

ドアは
開かなかったので
割れた窓から入ったけど
部屋には入れたので
お部屋は大丈夫と
思いました。

安心して
また店の見える
国道筋まで
帰りました。

昼になると
昼ご飯に
パンが
市役所から配れていました。

あんパンと
メロンパンを
河本さんと
一緒に食べながら
捜索を見ていました。

夕方になって
自衛隊
白く塗られた
重機がやって来ました。

捜索が終わったところの
ガラが
効率的に
積み上げられました。

日が沈んで
投光器もやってきて
明るく
夜を徹して
捜索していました。

河本さんは
帰りましたが
倫子は
そこで
夜中
ウトウトとしながら
過ごしました。