ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「東大阪のお嬢さま『雪子』」その9

その日は
日も落ちた頃
家に着きました。

真知子が
心配そうに待っていました。

真知子は
家の前で
みんなの帰りを
待っていました。

学校の
プリントを
持って待っていました。

一同が帰ると
他のみんなから
質問攻めです。

お祖父さんが
報告をすると
みんなの心配は
大きくなりました。

手術したら
病気は
治るのだろうかと
みんなの心配は
そう言うところに
落ち着きました。

誰かが
阪大なんだから
大丈夫と
言って
話は終わりました。

そんな長い話しをしている間
雪子は
真知子と
楽しく遊んでいました。

その診断が
あってから
どういう訳か
雪子は
少しだけ元気になって
学校にも
行くことが
できるようになりました。