ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「東大阪のお嬢さま『雪子』」その49

それに対して
真知子の腕前は
メキメキ上がりました。

監督よりも
上手にこなしていました。

どこで習ったのか
いろんな作戦も
習得していました。

大会では
ダブルスは
もちろん
1回戦敗退というか
惨敗です。

雪子が
打てなかったのです。

空振りあるは
場外ホームランを打つは
試合になりませんでした。

真知子は
こうなることがわかっていましたが
雪子は
意外で
なぜこんな風に
惨敗したのか
全くわかりませんでした。

シングルでは
真知子は
決勝まで進んだので
最後まで
競技場に残って
雪子は応援していました。

雪子は
真知子と同じ時から始めたのに
まぜ
真知子だけが
上達したのだろうと
不審がっていました。

隠れて
練習しているのではないかと
思いました。