ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

アスカルの屁理屈 生産性その2

このカテゴリーは、
何の根拠もない事柄を
あたかも理由があるように
私アスカルの飼い主が論述するものです。
たぶんに妄想が含まれますので
真に受けないで下さい。
『決して他言は無用です』
言ったあなたが恥をかきますから、、、

今日も昨日の続きで
とりとめもない話です。

「作った富」
「使う富」が等しいと考えたのですが
よく考えると
何かからくりがあるのではないでしょうか。

私は三つあると考えています。
その一つは
鉱業品です。
代表的な石油は
上がったとは言え
その性能に比べて
安すぎるのではないかと思うのです。
それに本来は価値を持つべき
空気は無料です。

昔は石油や石炭を使うことは
あまりなかったと言うか
石油については
全くなかったに等しいと思います。

昭和35年頃までは
石油製品は
ベンジンぐらい
自動車もあまりなく
ガソリンもそんなにいりません。

農業でも
耕耘機などもなかったので
石油もあまり使いません。

こんな風に
無料の物やだだ同然の物を
多量に消費することによって
生産性を上げていると考えています。

こちらについてメールは
ご容赦下さい。