ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ロフトで勉強しましょ 60話

大学の門を過ぎると
十詩子は
「大学広いね
前の大学に比べると
広いね」と
どうでも良いことを
話しました。

それで
静まりかえっていた
ふたりに
会話が戻りました。

悟:
そうなんだ
前の大学は
ビジネス街という感じだったけど
今度の大学は
大学という感じだよね
グランドがあったり
図書館が建っていたりして

十詩子:
そうよね
大学という感じかな

悟:
工学部は
奥なんだ
スチームの暖房機が付いているんだよ
冬になると
カチンカチンとうるさいんだ。

十詩子:
それは
少し古いね
昔専門学校にも
付いていたよね

悟:
そうだね
ぼくは
スチーム暖房と
因縁があるのかも

十詩子:
そんなことはないと思うけど
今日の授業は何なの

悟:
今日は構造力学と
環境だったかな

十詩子:
環境って何

悟:
環境工学と言うんだ
薬学の公衆衛生学と
似たところもあるんだよ

十詩子:
悟さんは
建築が好きだものね

そんな和やかな話でしたが
十詩子は
悟の気に障るようなことを
言わないように
注意して話していました。

悟も
そんな十詩子に気がついていました。