ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「ロフトに住むレジ係」その10

地震のあった日は
店内の整理だけをして
帰りました。

実家は
大丈夫との連絡を受けていたのですが
帰りに
父親のところに行きました。

父親は
出勤していましたが
母親は
家の後片付けをしていました。

加代美も
整理を手伝いしました。

古いアルバムが
棚から落ちてしまったので
見ていると
母親がやってきて
写真を一緒に見て
なんだかんだと
昔の話をしました。

夜になると
電気が
復旧したので
実家で
ご飯を食べました。

水が
チョロチョロとしかでないので
洗い物が少ないように
ラップを
食器に広げて
使いました。

テレビを
見ると
神戸の
大震災の被害を
伝えていました。

目を覆うばかりの
災難の
実態を
テレビで初めて知ることになりました。

そんな
状況を見て
ハッと
猛のことを
思い出しました。

猛と
一緒に住んでいた
マンションは
被害の大きなところに
あったのです。

電話しましたが
連絡は取れませんでした。

分かれた
夫ですので
それ以上に
安否を
心配する必要はないと
自分に言い聞かせて
家に戻って
その日は休みました。