ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「アスカルの一生」その7

エリーは
剣が
待ち遠しかった。

会えるのは
一日に二回
数分のみです。

それに窓越しです。

そんな日々が
二年あまりすぎた
冬のある日
エリーは
飼い主が閉め忘れた
窓から
外に出ることに成功します。

一目散に
剣のところに
行きました。

「ワーン、、、、」と
一声なくと
塀を跳び越え
やって来ました。

がけの下で
近くで
会ってから
初めての出会いでした。

寒い冬でしたが
剣とエリーの間は
暖かい
空間でした。

しばらく
同じ時間を過ごしました。

エリーの飼い主が
2時間くらい経ったとき
やって来て
エリーを呼びました。

エリーは帰って行きました。


それから
1ヶ月経ったときに
エリーの飼い主は
引っ越ししなければならなくなりました。

バブルがはじけ
地震で被害を受け
飼い主は
もう
家を
売り払って
立て直すしか
家族を
守れなかったのです。

ペット可の
マンションを
東の地に
新たに借りて
引っ越しになりました。

引っ越しの時に
車に乗って
剣の家の前を
とおるのがやっとで
剣を見ることはできませんでした。

エリーは
一声鳴いて
別れを告げました。

その声を
剣は
家の中で聞いていました。