ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「もうひとつの冴子の人生 パート3」その2

会社の
パソコンの仕事は
コンサルが
いろいろと教えてくれて
それをマスターするのは
本当に大変でした。

そこで
少しは知っている
猛さんに
聞くことにしました。

同じように習っているので
同じくらいの
知識でした。

聞いても
仕方がないとも思っていましたが
聞いてみたのでした。

パソコン教室に
早めに行くと
猛は
既に来ていました。

いきなり
自分の仕事の
疑問点を
ぶつけてみました。

猛は
メモをとりながら
聞いて
「そんなことは
私には
わからないので
私の
上司に
聞いてみます。」と
答えてくれました。

「わかったら
メールします」と
言ってから
「今度の日曜日
高校生で
どこかに行こうよ」と
また言ってきました。

冴子は
笑ってしまいました。

仕事の話は置いておいて
いろんなことを
楽しく話しました。

時間が来て
授業が始まっても
なんだかんだと
話していました。

冴子は
「猛さんて
面白い人ね」と
思っていましたが
それ以上のことは
思いませんでした。