ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「笑顔のアイコンタクトに魅せられて」その141

ふたりは
忙しい中
前準備のため
病院近くの
喫茶店で
会うことになりました。

美奈子さんは
いつもの
白衣姿ではなく
髪は内巻きにして
オレンジの髪飾りを付け
服は
同色のワンピースと
少し濃いめのファーの着いたコートという出で立ちでした。

更衣室で着替えて
そーっと
病院を出ようとした時
仲間の看護師さんに
見つかってしまいました。

いつもの
テキパキとした
やり手の
美奈子先生とはちがって
お嬢様のようになっていました。

看護師さんたちは
「きっと
何かある。

絶対デート」と
確信して
みんなに
しゃべってしまいました。

聡は
美奈子さんが
すぐには
わからない位でした。

方や
聡さんは
いつもと
全く変わらない
服装です。

ふたりは
おきまりの挨拶をして
対面して
座りました。

お店の端で見ていた
薫子は
横に座ればいいのにと
目配せをしましたが
ダメでした。

美奈子:
沖縄はまだ暑いのでしょうか。

聡:
たぶん
暑いほどではないと思いますよ。

もう一度聞いておきたいのですが
今回は
昆虫採取です。

虫は嫌いではないでしょうね。


美奈子:
大丈夫です。

聡:
そうですか。

大学のゼミで
昆虫採集に言った時
いろんな虫が出てきて
女学生の中に
悲鳴を上げる者がいて
困ったことがあるのです。