ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「ふたりで行くよ」その25

班で初めてあったときは
頼りない
人だと思っていたのですが
正弥の
テキパキとした
行動を見て
千香は
少し感動を覚えました。

そして
よーく
正弥の顔を見てみると
懐かしい
感じがするのです。

イケメンとか
格好いいとか
そんなものとは
ほど遠い
正弥でしたが
千香は懐かしく思ったのです。

もう従順に従って
付いていく以外無かったからかも
わかりません。

オリエンテーリングは
坂を上ったり
脇道にそれたり
島の中を
3時間くらい
走り回って
終わります。

千香は
付いていくだけでしたが
班は
3位に
入賞しました。

みんなの前で
表彰状と
粗品をもらって
写真に納まりました。

最後の
お別れの時は
正弥と千香は
互いに見つめあっていました。

住所とか
連絡先とか
聞く勇気は
ふたりにはなかったので
ふたりで写った
写真だけを
持って
別れていきました。