ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「大切な彼女は突然に」その5

嫌いだった勉強も
できるようになって
もっと勉強して
お医者さんにでも
なろうかと
思ったのですが
やめておきました。

学費が続かないだろうと
思ったからで
学力が
不足だとは
なぜか思いませんでした。

医師を目標とすべき
理由もなしに
医師になるのは
少し心がとがめました。

やはり今の仕事で
技術を
磨くのが
いいと思いました。

そこで
IT業界に勤める
由美子は
IT関連の資格を
取ることにしました。

取ったからと言って
由美子の勤める会社では
資格手当が
支払われることも
ないのですが
そんな事しか
考えつかなかったのです。

猛勉強と言うより
時間を
もてあましての
勉強だったのですが
どういう訳か
うまくいったのです。

試験場では
時間が余ったので
他の受験者を
観察していました。

やはり
若い人が
断然多く
30歳過ぎの男性の方が多かったです。

そんな男性の中に
少し
神経質で
最後まで
答案用紙を
見直しているようでした。

その見直しが
何か独り言をいうように
ブツブツいっていました。