ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「妖精の休日」その81

湖子は
数ヶ月で
太って
貫禄が付きました。

それも良いかなと
思ったのですが
動きが
少し鈍くなりますし
和己が
ひと言だけ
「太ったね」と
言われたのが
ショックでした。

それで
ダイエットしてしまいました。

妖精のダイエットです。

湖子は
これも経験かと
思ったのです。

意思が固い
湖子でしたから
すぐに減量できました。

和己は
すぐに減量できる
湖子を
尊敬してしまいました。

そんな
日常の中で
子供が生まれました。

仲が良すぎて
2年目に長男が
6年目で次男が
そして
10年目に長女が生まれました。

弥生や
和己の父親は
大喜びで
お誕生日の日や
こどもの日には
双方の家で
宴会でした。

湖子は
幸せの見本のような
家族の中で
休日を
謳歌していたのです。

湖子は
こんな
人生なら
妖精や神さまは
必要ないと思いました。