ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「妖精の休日」その114

もちろん
和己は猛反対です。

弥生にも
本当のことをいって
説得してもらいました。

弥生と
和己に圧倒されて
入院以外の選択肢は
なくなりました。

抗がん剤治療の
副作用で
髪の毛が抜けることを
心配して
丸刈りにして
入院しました。

医師の詳しい説明を
弥生と和己と聞いて
抗がん剤治療が
開始されました。

抗がん剤治療の
苦しさは
聞いてわかっていましたが
こんなに苦しいとは
知りませんでした。

和己に
「苦しみに限界は
ないよね。

今日の苦しみが
最高かと思ったら
翌日には
それの
何十倍の
苦しみがやってくるんだ。」と
話すと
心配そうに
うなずいて
顔を見ていました。

第一クルーが終わって
休薬期になると
少しだけ
食欲もでき
食べました。