ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

転機の二度目は5年後です。

神戸市役所を辞めてから

2年間

私は貸し家を作っていました。

 

それができあがって

私は

就職することにしました。

 

私は

大学をふたつ行っていて

建築と薬学です。

 

薬学では薬剤師になりましたが

その資格を

一度も使っていませんでした。

 

人生長いんだから

一度くらい

薬剤師として

働いてみたいと思ったのです。

 

ハローワーク

(当時は職安と言っていました)

に行って

求人票を見て

近くの

薬局を探しました。

 

たまたま

見た薬局に

履歴書を持って

面接に行くと

「前職のお給料は

いくらくらいでしたか」と

聞かれて

「20万円くらいです」と答えると

「それでは

少しだけ多い給料にしましょう」といわれて

採用されました。

 

手取りで

27万円くらいだったようにおもいます。

 

もう少し高く言っておけばとは

当時は

全然思っていませんでした。

 

薬局の

管理薬剤師です。

 

全く経験がありません。

 

研修などなしに

店頭に立って

いきなり販売です。

 

とりあえず

笑顔だけの

店員になっていました。

 

勤めた薬局は

6店舗持つ

有限会社で

職員の

研修には

力を入れていました。

 

週いちくらいで

なんだかんだと

仕事の後

研修がありました。

 

今になって思えば

その研修は

職務だったのに

残業手当がついていなかったですが

とても

有意義でした。

 

それから後の

家業の手伝いに

どれだけ役に立ったか

計り知れません。

 

人生に

何年かは

接客業をした方が

良いと思います。

 

経験として勤めていたので

辞めようと考えていました。

 

でも

なぜ辞めようと

思っていたのか

今になっても

わかりません。

 

お客様も

同僚も

社長も

いい人で

勤めやすい

薬局でしたのに

なぜ辞めようと

考えたのか

何度考えても

わかりません。

 

私の転職は

わからない方が

多いですね。

 

転職ってたぶんそうなんじゃないかと

思います。

 

切羽詰まった

転職の経験はありませんので

こういう面だけで言えば

幸せだったんでしょうね。