ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「東大阪のお嬢さま『雪子』」その72


3年生の
夏休み
薬学部生の
大方は
大変でした。

有名な
生薬鑑定試験があるのです。

100を超える
生薬の見本の
和名と
漢方名
植物の学名を記憶します。

夏休み明けに
提示された
生薬について
それを
口頭で答えるという試験です。

和名と
漢方名は
何とか覚えられるのですが
学名が
ラテン語
日本人にとって
意味不明なのです。

古屋さんは
歌にして覚えると
言っていました。

古屋さんなら
歌にしなくても
覚えられると
みんなは思っていたのですが
歌にして覚えるひとが
半分ぐらい
そのまま覚える人が
半分ぐらいです。

記憶が
達者な
真知子は
そのまま覚える派です。

別に難なく
1週間ほどで
覚えてしまって
試験日まで
記憶が残るか
心配するほどでした。