ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの67歳の老人の日記です

ドライブには、音楽は必須?

車を運転するのは好きではありませんが
仕事のために
車で遠くに出かけることもあります。

そんな時
ラジオを聞いております。

込み入った放送は
楽じゃないので
音楽が良いですよね。

眠気覚ましに
楽しい音楽が良いですよね。

私はレコードやテープ・CDなど買ったことはありません。

もちろんネットでも買う方法さえわかりません。

私の楽曲を知るのは
ラジオ以外ありません。

今度
当地(兵庫県尼崎市)から千葉に行く用事がありますので
その時にでも
音楽を聴きましょうか。

 

 

 

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽
by ホンダアクセス

私の全くのわがままですが、私を”応援”してください。

今週のお題「応援」

 

応援されるっていいですよね。

自分には何の利益もないのに
損得にかかわらず
応援するのが普通です。

私には
夢があります。

でも自力では
もう残された時間もわずかで
実現は無理です。

皆様の応援で
実現するしか
方法はありません。

全くのわがままですが
よろしく
応援のほど
お願いします。

身勝手なお願い
申し訳ございません。

 

応援には、ふたつの意味があるらしい

今週のお題「応援」

応援とは

  1. 1.
    力を添えて助けること。加勢。
     「資金を出して―する」
     
  2. 2.
    (競技で)拍手をし声をかけて、味方やひいきの選手をはげますこと。
     「―歌」

 

 のふたつの意味があるそうです。

一番目の応援は
「たにまち」と呼ばれる応援ですよね。

パトロンになるのです。

二番目は、例えば阪神タイガースの応援ですよね。大声で応援してジョット風船を飛ばして励ますんですよね。

テレビ観戦で応援する人と球場に出かけて応援する人がいますよね。

テレビ観戦なら経費はわずかですが
球場にまで行くなら
経費や時間がかなり必要になります。

二番目の応援ではなく一番目の応援ですよね。

 

辞書では
応援には上記二通りがあるようですが
私は
違う二通りの
応援があると思います。

私が思う
ひとつ目は、自分よりも資力のない人への応援
ふたつ目は、自分より資力のある人への応援です。

プロ野球選手なら
きっとふたつ目です。

ユニセフやUHNCRなら
ひとつ目ですよね。

私は
ふたつ目の応援はよくないと思います。

目上の人を応援するなんて
恐れ多くてできません。

あえて応援するなら
ひとつ目にしておきます。

貧者の一灯ですので
役に立っているかどうかわかりません。

 

応援できるような身分ではありません。

応援するためには
応援する力がなければなりません。

スポーツにせよ
演芸にせよ
応援するためには
時間と資力・心が必要になります。

応援ですので
仕事や生活そのものでないので
時間と資力・心は
余分な余裕の部分を使わなければならないと
私は考えています。

時間もと資力・心に余裕などない私には
誰かを応援するなど
ありえません。

というか
私を応援していただけませんでしょうか。

ごめんなさい。

勝手な願いで申し訳ございません。

 

今週のお題「応援」

勉強は運が50パーセント、出題・解答予測が50パーセントかな

私は怠惰で
そのうえ
残念なことに天才ではないので
勉強をして試験に合格することなど
夢のまた夢です。

でも
なさなければならないことは
なさなければならないので
努力しました。

授業中の
先生のお話には
3種類あって
1番目はいわゆる”余談”です。

2番目は、教科書の読み込み
3番目は、試験に出る所・重要なところです。

私は、もちろん”余談”はスルーします。

2番目は、教科書に下線を入れて終わりです。

3番目が重要なのは
皆様もお分かりと思います。

先生の口調や抑揚で読み取るしかありません。

もう一つ大事なのが
試験運です。

どのようにして
試験運を高めるのか
やはり出題・解答予測でしょうね。

皆様も頑張ってください。

私は、67歳になってしまって
今更新しい勉強はできませんので
皆様頑張ってくださいね。

 

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK
by ギノ

はるか前の20歳 そんな歳もあったかな?

今週のお題「二十歳」

私が20歳になったのは、
1972年昭和47年のことで
はるか前という感じです。

万博が終わって
石油ショックが起こって
日本中が大騒ぎな時です。

薬学部に在学中でしたので
自立していませんでした。

よく言えば
勉学にいそしんでした
悪く言えば
パラサイトしていた
ということでしょうか。

私が
自立した時は
26歳の時で
初めて就職して
宮仕えした時です。

本当は
もう少し
建築を学ぶために
大学院へ行きたかったのですが
結婚するので
自立しないと
いけないので就職を選びました。
(大学院に行ける能力があったかどうか
大きな疑問がありますが、、、、)

そういうことで
自立したのは
26歳の時です。

そうそう
付け加えますが
自立もしていないので
成人式には
行きませんでした。

 

ことしの3番目の夢は、四つの夢の連合体です。

今週のお題「2020年の抱負」

今年の抱負は、先に書いた天下泰平ですが
具体的でないと指摘されそうです。

3番目の抱負を
書いてみます。

2番目はないのかと言われそうですが
2番目は家内安全です。

3番目は、4つの夢の連合体です。

一つ目は、電車で席を譲られる。

二つ目は、私の考えた特許商品が皆様に理解されて広まること。

三つめは、子孫繫栄

四つ目は、女房殿より少しだけ早く命が終わること

なんです。

一つ目はすでに高校生に席を譲ってもらいました。

見た目は少しヤンキーでしたが、譲ってもらいました。

なかなかの好人物だったと思います。

二つ目の願いは、私にとっては甚だ敷居が高い
余命もわずかだし達成されそうにもありません。

三つめは、親の恩は甚だ大きいので親には恩返しができませんでした。

たぶん親も返しを見込んで私に愛情を注いでくれたのではないでしょう。

恩返しは、子供にしかできません。

私の子供は立派ですのでたぶんすでに達成できていると思います。

四つ目の願いは、時間がすぎないと達成できるかどうかわかりません。

今は四つ目の願いが叶うことを心より願うだけです。