ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

草取り

昨日田植えの話をしましたが、
田植の時には、次のこともしなければなりません。
草取り、稗取り、水の管理です。
草取りは、一番大変な田んぼの作業です。
当時の道具は、名前をどういうのか定かには、
覚えていませんが、”○○式草取り機”とか言ったように思います。
どんな機械かというと、
鉄の板でできた平たいとがった板が回りについた車輪が
二つ付いています。
それを押すことができるように棒が付いていて
取っ手が付いています。
これを稲の苗の間を押して行きます。
そうすると車輪に付いている板が田んぼの泥に刺さって、
かき回されます。
それで、その当たりにある草が引っこ抜かかれると言う原理です。
簡単な機械ですがとても便利な機械です。
では、この機械がないとどうするかというと、
手で水のたまった田んぼを”なでる”のです。
この作業の名前を”手なで”と聞いたような気がします。
腰を曲げてする大変な仕事です。
草取りは、暑いときにするとても大変な仕事です。
私は、したことはありません。お母さんごめんなさい。