ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

誰でもわかる昭和30年代クイズ 自転車

誰でもわかる昭和30年代クイズ 自転車

問題です。
今の実用の自転車と
昭和30年代の自転車の大きな違いは、
どれでしょう。

1.フレームが上に出っ張っていた。
2.ハンドルが後ろについていた。
3.タイヤが付いていなかった。









正解は、
1.フレームが上に出っ張っていた。
です。
どんな形かというと

のような形です。
フレームが邪魔になって
男性でも乗りにくいので
乗り始めは、
片足をペダルに乗せて
もう片方で足で地面をけって
こいでいくのです。
スピードが出ると
足を後ろに回して自転車に乗ります。
女性の方は、
当時は、ズボンを普通は、はいていないので
足を後ろに回すことは、できません。

女性の方は、大変ですね。