ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ロフトの奇跡 その31

翌日も莉子の体に
遮光袋が掛けられた
点滴袋が繋がれました。

今日は
点滴の最終日
明日から休止期になる
最大の苦しい時でしたが
莉子は
朝からそわそわしていました。

妖精が
お化粧道具を持って
お部屋に入ってくると
身支度をして待っていました。

莉子:
遅いじゃないですか
早くしなきゃ

妖精:
大丈夫ですよ
まだ2時間もあるもの

莉子:
でも
他の用意もあるし
早く来るかもしれないでしょう

妖精:
大丈夫ってば
そんなこと心配しなくて
大丈夫よ
私は
妖精よ
する気になったら
一振りで
できるんだから
、、、
莉子
しんどそうだから
魔法でやったほうがいいんじゃないの

莉子:
えっ
そんな手抜きでいいの

妖精:
魔法は手抜きじゃないですよ
やっぱり
魔法でしよう
それのほうがいいよ

元気な時に
ゆっくりと
またお化粧をするから

あまりの苦しさに
莉子は
ベッドに横になってしまいました。

莉子は
息をあがって
苦しそうに
陽一を待っていました。

そんな時間が過ぎて
陽一の気配が
妖精には感じられたので

妖精:
莉子!
陽一さん来たみたいよ
魔法をかけるからね

そういって
妖精は
杖を一振り
しました。

その瞬間
莉子は
見違えるように
綺麗になりました。

頬がこけて
痩せているのも
顔色が悪いのも
抜けた髪の毛が
付いたパジャマも
一瞬のうちに
変わって
細い小顔で
透き通るよな白い肌の顔色に
そして下ろしたての
パジャマになりました。

妖精は
鏡で
莉子に自分の顔を
見てもらいました。

莉子:
あっ
こんなに
こんなに私って
美人なの
陽一さん驚くんじゃない

妖精:
じゃ
苦しいかもしれないけど
座って待っててね
陽一さん呼んでくるから

そういって
妖精は
エレベーターホールで
陽一を待ちました。

陽一は
造花の小さな花束を持って
やって来ました。

妖精:
来て下さって
ありがとうございます。
莉子喜びます。

陽一:
莉子さんのお加減
如何ですか

妖精:
今日は
第3クルーの投薬日の
最終日ですので
一番ひどい時なんです。
でも
頑張っているみたいですよ
朝から
お化粧して
待っているみたいです
あってやってください。
苦しいので
横になるように言ってやってください。


陽一:
分かりました。
大変な時に
来てよかったのでしょうか

妖精:
いいと思います。
励ましてやってください。

そういわれて
笑顔で
病室に入って行きました。

陽一は
莉子をみた時
驚きました。

前にあった
莉子とは全く別人のように
美しかったのです。
それに病人とは
思われないような
顔色で
驚きました。

陽一:
元気そうに見えるけど
大変なんですね

莉子:
来て頂いてありがとうございます。
今日は
恥ずかしいので
お化粧を
星子さんに
してもらったんです。
星子さん
お化粧のプロですから
こんな顔になってしまって
驚きました。

陽一:
前の莉子さんも綺麗でしたけど
今日は
とても素敵です。

頑張ってくださいね
元気になったら
デートしましょう

莉子:
早く元気になりたいのですけど
こんなに苦しいのに
あまり薬の効果が
出てないんです。
元気になりたいですが
なれるかどうか
分かりません。

陽一:
大丈夫ですよ
きっと大丈夫

ふたりは
少しの間
話をして
莉子が疲れるから
陽一は
退室していきました。

妖精は
陽一が持ってきた
造花の花束を
棚の上に
飾りました。