ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

衣替えは少し古いのでは

今日は
六月一日の おついたち
ですが
衣替えの日でもありますよね。

私が中学生の頃は
(そんな時にもあったのが
驚きですが)
詰め襟の学生服を脱いで
学校に行くことができる日です。

どういうわけか
詰め襟には
collarカラーと呼ばれる
プラスチックスの
薄い板が付いています。

このカラーは
新しいときは
その角が
鋭利で
首が痛いのです。

でも
そのカラーを
付けていないと
相当怒られてしまいます。

それで
番長クラスの人でも
付けていたくらいです。

私のようなものは
襟のホックも
ちゃんと締めて
痛いし
苦しいし
それに暑いのを
我慢していました。


その学生服を
衣替えの日から
脱げるのです。

気分は
ルンルンです。

でも
下のカッターシャツは
白と決まっていて
上のボタンまで
きっちり止めなくてはいけないんです。

まだ涼しい衣替えの日は良いですが
夏休みの始まる頃には
暑いです。

皆様も
衣替えについて
思いでありますか



このブログを見にくい方は「写 ロフト付きはおもしろい」 を見て下さい。