ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

串を抜くときは回すのが原則らしい

今日の話は
少し痛いです。

痛い話が
嫌な方は
読まないで下さい。

一ヶ月前の
明日
左手中指の
爪の根本を
開放骨折してしまいました。

レントゲンを撮影すると
中指の第一関節が脱臼し
指を伸ばす腱の付け根が
骨折していました。

開放骨折したところが
指の背の方だったので
血管や神経を傷つけていなかったそうで
軽傷だそうです。

そんな所の治療には
ピンを刺して
骨の回復を持つのが
普通らしくて
0.9mmの
金属製の
ピンを
刺して
一応手術は終わりです。

包帯が巻いてありましたので
どのように
ピンが刺さっているか分からなかったのですが
今日2本の内
1本の経過が良いので
抜くことになりました。

そのピンは
爪と身の間から
爪の下を
通って
第一関節と第二関節の間まで
刺さっていました。

私は
指が長い方なので
4cmくらいあって
爪刺さっているところが
かね折りになっていました。


それだけでも痛そうですが
それを
抜くときです。


消毒した
ペンチ(まさかペンチとは言わないと思います)を
袋から取り出し
やおら
ピンのかね折りになっている部分を掴み
グリップで一回
右左と回し
一気に抜き去りました。

痛かったです。

痛そうなので
今日の朝
前もって
鎮痛剤を
飲んでおきました。

効いたか効かなかったかわかりませんが
あと一回ありますので
その時も
、、、、、、
、







皆様
けがをしないように
くれぐれも
ご注意下さい。