ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

誰でもわかる昭和30年代クイズ 砂糖

久しぶりに
クイズです。

昭和30年代初めの頃
砂糖は
貴重品でした。

お中元やお歳暮に
上司の人に贈ることも
多かったかもしれません。

また
貯金した時に
銀行から粗品にも
なっていたように思います。

もらって嬉しい品物だったでしょう。

もちろん今も
砂糖は
不可欠なものだと思いますが
貴重とは
ほど遠いものになってしまっています。

さてその
砂糖ですが
贈り物にする場合は
どのようなものに入れられたでしょうか?

1.缶入り
2.桐箱入り
3.俵入り









































正解は
1.缶入り
ですよね。

砂糖は
吸湿性がありますので
今は
プラスチックの袋に入れて
売られています。

そのような
プラスチックの袋がない時は
それに代わるものは
缶しかありません。