ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「ふたりで行くよ」その65

言葉が
思いつかないといっても
何か
いわないといけないことは
わかっていました。

こうなったら
自分の心を
話すしかないと思いました。

千香は
「抱いて下さい」と
答えたのです。

それを聞いて
正弥は
少し後ずさりして
それから
ゆっくりと前へ進んで
千香を
抱きしめました。

第三者の目に見れば
ゆっくりした
動作であったように
見えますが
正弥は
「突進」したのです。

精神を集中して
行ったのが
「抱きしめる」動作に繋がったのです。

その後
正弥と
千香は結ばれました。


翌日
ふたりは
結婚の話で
盛り上がっていました。

まず
結婚への
予定表を
きっちりした
千香は組みました。

きっちりした性格の
千香なら
正弥は
するだろうと
思っていた
予定表です。

予定は
大過なく執行されていきました。