ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「ふたりで行くよ」その97

97

香子の
誤解は
正弥にとっては
失礼な話です。

千香と
正弥は
どちらからともなく
結婚したのに
正弥が
策を労して
千香と結婚したと
思われていたので
何とか誤解を
解くことにしました。

千香との出会いを
小学校の頃から話し始めました。

香子も
興味津々で
熱心に
聞き入りました。

高校時代の再会や
海での出来事
そして
病院での出会い
病気の看病などを
事実通りに
話しました。

最後に
千香と正弥が
同時に
「一緒に住もう」といって
結婚したことを
話しました。

香子は
その話に大変共感していました。

香子:
私も
そんな結婚をしてみたいです。

どうしたらいいかしら

正弥:
それは
私にはわかりません。

香子:
運命ですよね

正弥:
運命かどうか
私には
わかりませんが
自然にそうのようになったたように
思います。

香子:
やっぱり運命ですよね