ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その29

悟は
十詩子が会社では偉いと
思っていました。

しかし
社外取締役成れるまで
偉いとは
知りませんでした。

「そんな偉い人の
人生を
変えて
よかったのかと
自問自答しました。

でも
クリスマスの日
髪を切って
私の元に
来るんだと言ったくらいだから
たぶん
取締役より
僕と結婚する方が
楽しいのだ

結婚生活は長いので
飽きさせたら
どうしよう。」と
先々のことまで考えてしまいました。


悟の考えていることは
十詩子は
手に取るようにわかりました。

行動と
表情が
分かり易い
悟だったのです。

会社の方では
すみやかに
十詩子の仕事場を
尼崎工場に作られました。

運動公園に面した会議室の
改造が始まりました。

ふた部屋作られ
ひとつ目は
セキュリティーが
最高の部屋と
会議室のふたつです。

IDカードと
生体認証・パスワードと
監視カメラで守られたお部屋でした。

会社の重要機密のファイルを
見られるように
東京と専用の
インターネットで
繋がっていました。