ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「アスカルの恩返し」その20

4日ほど経った
日に
飼い主のところに
電話がありました。

神戸から
新進気鋭の
獣医さんを
呼んだから
来て欲しいというのです。

僕は
車に乗って
動物病院に行きました。

若い先生でした。

いろんな説明をして下さって
最後に
代金は
40万円と告げました。

飼い主は
「わかりました」と
答えました。

早々
手術となりました。

犬でも
たぶん
人間でも同じですが
手術の時は
全身麻酔です。

麻酔剤が打たれると
もう意識はなくなり
何時間後か
意識が戻ると
手術が
終わって
痛みだけが
残っていました。

点滴が
繋がれていて
首には
エリザベスカラー
巻かれていました。

痛みよりも
窮屈なほうが
嫌でした。

でも
元気のためかと
思うようにしました。