ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ「東大阪のお嬢さま『雪子』」その15

麻酔が覚めると
雪子は
「痛い
痛い」と
言いました。

6人部屋の
狭い病室では
付き添えないので
お祖父さんは
個室を
お願いしました。

お世話になっている
先生に
頼んで
特別室に
その日のうちに
変わりました。

特別室は
窓が大きくて
景色がよくて
広くて
何十人でも
入れるくらいの大きさです。

看護婦さんが
「特別室に
入院する
最年少記録だ」と
言っていました。

付き添いのものが
泊まれるので
乳母は
その日から
泊まりました。

真知子は
母親が
帰ってこないので
淋しく思いました。

医者の
言ったように
日に日に
傷は癒えて
日に日に
元の
雪子に戻りました。

一週間経つと
雪子は
退院になりました。