ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「東大阪のお嬢さま『雪子』」その16

首の
手術の後は
まだ大きく残っていました。

抜糸したあとが
痛々しく見えました。

まだ暑い時期でしたので
服で隠すには
早いので
単純に
ガーゼを
巻いていました。

余計に目立つのですが
だれも言いませんでした。

手術から
時間が過ぎるとともに
雪子の
体調は
段々と
復活してきました。

学校でも
活発になっていましたが
完全復活と言うことでは
ありませんでした。

髪の毛が
首筋に触ると
ぴりぴりするのでした。

勉強しようとした時
髪の毛が
首に当たると
ぞーっとしてしまうのです。

病気のせいもあるのかと
医師は
言っていました。。

そんなある日
散髪をすることになりました。

約束通り
髪の毛を
刈り上げにするかどうか
迷ったのです。

散髪屋に連れて行った
乳母と真知子は
髪の毛を
切るのには
反対でしたが
事情が
事情ですので
刈り上げ
今で言えば
超ショートカットに
なったのです。