ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

今は去ること、40年前私が結婚したときの「迷い」と「決断」

26歳でした。

大学行っていました。

私は甲斐性がないので
彼女を見つけて
付き合って
告白して
結婚するなど
あり得ないと私自身も思っていましたし
私の母親も
そう思っていたようです。

そこで
見合いをすることにしました。

もちろん
見合いをするのは
初めてです。

女性と
学校の外で会うこと自体
ありませんでした。

1度目の見合いは
大金持ちのお嬢さまです。

食事をして
映画を見て別れました。

案の定
断られました。

2度目は
苦学生
頑張り屋さんでした。

未だに
理由はわかりませんが
私の方から
断りました。

3度目は
母の旧知の友達の紹介です。

京都のホテルで見合いして
それから
映画「スターウオーズ」を見ました。

一番最初の作品で
葺き替え版です。

それから
1週間おきに
デートして
在学中に結婚しました。

もちろん就職先も決まっていましたし
卒論も
清書を手伝ってもらいました。

PCのない時代でしたから、、、、、、

迷いはありませんでした。

女房殿とは
今も仲良くしています。

私がした
決断で
「迷い」がなかった「決断」は
結婚だけです。

迷うような結婚は
やめた方が良いと思います。