ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの67歳の老人の日記です

もちろん家族に決まっています。

今週のお題「大切な人へ」

直接的には
親の助けになくて
赤ちゃんは生きていけません。

もちろん代替する
組織があれば
可能ですが
幼少期から学童期それから就職・結婚などなど
無償の助けがあれば
スムーズに事が運ぶに決まっています。

無償の助けは
親や兄弟・おじいさんやおばあさん
叔父さんや叔母さん
もう亡くなっていても
財産を残してくれたご先祖様ですよね。

友人などもその助けを
否定するものではありませが
前者の方が
私は有用だと思っています。

そんな大切な人たちに
恩返しをするのは当然と
考えるのが普通ですが
無償ですので
返す必要もないのです。

それにもっと重要なことは
その恩があまりにも大きくて
返すことができないことです。

じゃ誰に返すかというと
それは家族
子供とか子孫とかです。

子供に返せたら
良いと私は考えています。

もっと言えば
「私が受けた有用なものを
子孫に引き継がせるように
努力しております」です。

もちろん努力目標ですので
できているかどうかはわかりません。

ごめんなさいご先祖様