ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「ロフトに住むレジ係」その25

二三ヶ月もすると
慣れて
少し難しい
部署に回されました。

それから
半年すると
ハンダで
電子部品を取り付けるラインに
かわりました。

流れ作業で
どんどん来るので
仕事中は
話などせず
黙々と仕事をします。

用をたすときは
近くのボタンを押すと
代わりのものがやってきました。

そんな会社ですが
加代美は
無駄使いをしないように
つとめていました。

でも
そんなに
節約生活をしていても
貯金は
たいして増えませんでした。

お給料が安かったからです。

その日の生活をするだけで
なくなってしまうのです。

加代美は
今は
サークル活動だけが
ゆったりできるのです。

サークル活動は
お金もかからないし
その割りには
楽しいし
同じような境遇の人の話も
役に立ったのです。

そんな話の中に
派遣切りの話が
出てきました。

契約期間でも
終わってしまうと言うものでした。

加代美の会社は
大丈夫か
心配でした。

そんな心配をしながら
2年が過ぎました。
2年たつと
契約は終わらないと
正社員としなければならないので
会社は
契約を打ち切られてしまいました。

うまい具合に
同じような会社に
派遣が決まって
同じような仕事が
始まりました。

まわりの中にも
同じように
かわってきた社員が
いました。