ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

暑い日の女房殿の会話はちぐはぐだった。

今日は
当地では
猛暑です。

「梅雨明け十日」
の暑い日が続くのでしょうか。


昼ご飯を食べて
女房殿との会話です。


女房殿:暑い日は昼寝をするのよ

私:それは良いかもしれない。

(でも私は寝ると起きたときが辛いので
昼寝をしないことにしています。)

女房殿:私が子供の頃は
夏は
昼ご飯のあと
3時頃まで寝ます。

私:私の子供の頃は
昼寝は30分
「作業」言葉とともに
暑い炎天下に出かけます。

女房殿:そんなことはないでしょう。
3時になったら
池で冷やしてあるスイカを食べてから
仕事に出かけるのよ

私:そんな事ないでしょう

3時まで仕事に出かけないと
田んぼが草っぱちになってしまいます。

そんなことしないでしょう


この後
する
しない
する
しない
の主張です。

女房殿の家は
大地主だったんで
優雅だったのだと思います。


子供の頃の
隔たりは
埋めることができません。




私は見てるだけでしたけど
大変ですよね。

父母と兄に
あらためて感謝する日々です。