ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

ブログ小説「ふたりで行くよ」その32

正弥と千香は
異性には
人気が
全くなかったのです。

そして
もっと
大きなことは
異性に興味が
なかったのです。

正弥も
千香も
両親がいるし
仕事も
充実しているし
恋愛に
興味が
なかったのです。

同僚や
知り合いからは
草食系だと
思われていました。

なかったのは
運命の出会いを
待つためだったと
後日
思うのですが
この時までは
そうだったのです。

相手のことに
最初に
気が付くのは
千香の方でした。

ある日
食堂で
ランチで
並んでいたときに
千香は
正弥と
ぶつかりそうになりました。

目と目があって
その後
正弥の
名札が
目に入りました。

名札には
もちろん
「正弥」と
書いてありました。

その時は
気が付きませんでしたが
なんか
その
名札の
印象が
残っていたのです。