ロフト付きはおもしろい

ロフト大好きの68歳の老人の日記です

中学生の時に倉庫を造りました。

栂の木の香り

今日栂の木の加工をしました。
木の香りが出てきて、
私中学3年の時が思い出されました。
中学校の3年の冬に、
母は、突然空き地に貸倉庫を建てると言い出したのです。
その上、母と私で建てると言い出したのです。
高校入試は、兵庫県方式と言って0点でも合格することになっ

ていました。
時間があった私と母は、倉庫を建て始めました。
基礎をブロックコンクリートを並べた作りました。
そのあと、栂の木を刻みました。
建て方をして、周りに胴縁を張り、
波鉄板を貼りました。
大きさは、8.1mx5.4mの大きさです。
簡単に書きますとこうですが、
今でしたら、この程度のものならそう時間は、 かからないと思います。
しかし施工する人間が、51歳の母と15歳の中学生です。
それに初めての仕事にで全くの未経験者です。
工事のために、電動鋸と電動ほぞ取り機を買いました。
今でしたら、釘打ち機やスライド鋸自動かんな盤等も使うので

しょう。
でも当時は、ありませんので、本当に大変でした。
普通に考えると大工さんに頼むのが筋なのに、
自分でするなんて節約家なのかもしれません。
でも自分で作ってしまう人も少ないでしょうね。